結婚に使える格言

結婚の際に使える格言

トップ / 結婚の際に使える格言

結婚の意味に関する情報

格言を用いて、結婚の祝辞を送る

友人の結婚に伴い、披露宴のスピーチを頼まれた時、いかにスマートにいかに上手いことを言えるか、あれこれ考えて悩んでしまうものです。仕事関係の義理で出席し、新郎新婦をよく知らない場合などは特に困るでしょう。そんな時はお祝いの席に相応しい格言を上手く使うとスマートにきまります。例えばよく使われる格言に『結婚する前は両目を大きく開いてみよ。してからは片目を閉じよ』というものがあります。これは読めば簡単に意味が分かりますが、あえて説明をし、そこに自分の経験談などを加えて話をまとめると、とても温かみがある素敵なスピーチに仕上がるでしょう。

男女問題

スピーチで披露される格言

結婚式のスピーチでは、必ずと言って良い程格言が登場します。新郎新婦の上司及びお世話になった方等、目上の方からのスピーチの際に披露される事が一般的です。格言とは、昔の聖人や偉人、及び高名な僧侶等が発した言葉の事を指します。結婚するに当たって必要だと思われる、お互いを労る気持ちや、尊敬する心、夫婦として末永く円満に家庭を築く心構え等を、偉人達の言葉を拝借して祝言にするのです。 非常に説得力があり、心に染み渡るスピーチになり、会場を1つにするのに最高の言葉です。必ず誰の言葉であるかを添える人が多いので、勉強にもなります。