神前式で式を挙げる

日本の伝統の神前式とは

トップ / 日本の伝統の神前式とは

結婚の意味に関する情報

神前式の内容とニーズ

神前式は神社で行われる挙式スタイルです。始まりは1900年の大正天皇のご成婚です三三九度や玉串奉奠などの儀式、雅楽や白無垢や袴など、日本古来の凛とした伝統美が特徴です。神前式はホテルや式場の中にある神殿でも行えるますが、神社で本格的に執り行えます。年齢が少し上のカップルに良く選ばれてきた挙式スタイルですが、最近は芸能人でも白無垢を選ぶ方が増えています。また、伝統を重んじる挙式スタイルが若いカップルに人気が急上昇中です。最近ではリゾートウェディングという範囲で京都などの神社で挙式するという方も増えています。

素敵なウェディングにする為に

結婚式は基本的には一生に一度です。パートナーの方の意見や予算の関係もありますが、悔いの残らないようなウェディングにする為に自分が理想とする結婚式をきちんと思い浮かべ、妥協出来る点と必ず実行したい点を明確にしましょう。結婚式の準備はするべき事が沢山あります。また、初めての事ばかりで戸惑います。理想に近い素敵なウェディングにするためには、余裕を持って行動をする事が大切です。大切な日に万全の体調で挑める様に、結婚式の直前の無理は禁物です。